スタッフブログ

投稿日時:2012-10-17 17:23:35

バンドを続けること

若いころはヒマだったり平日に時間の余裕があったりで、バンドを組んでたっぷり練習できるしライブもできます。大学生ならサークルもあるしバンド活動できますね。

でも社会人になるとメンバーが散り散りになったり、そもそも時間がなくなったりでバンドをする機会が格段に減ります。仕事のほうが面白くなって音楽をやりたい気持ちも薄らいだりしますね。出張が多かったり、転勤があったり、夜勤など勤務時間が合わなかったりで定期的に続けることが難しくなったりします。最悪、自然消滅ということに。

そういう不利な条件が多い社会人でもバンドをやり続けられるとしたら素晴らしいことですね!
なぜなら、スタジオ練習するにはメンバー全員地理的に近くないといけないし、全パートが揃っていないといけない。練習する曜日や時間も合わないといけない。すごい幸運ですよね。

社会人ならそのうち結婚したり子供ができたり、シニア、オヤジと呼ばれる年代になります。
それでも続けられるかどうか。弾き語りならともかくバンドとなると一人では無理です。

やりたくてもそもそもメンバーが見つからないのが普通です。
社会人になってもシニアバンドとして続けられている人は、その幸運とメンバーに感謝ですよ!